ホームページ制作 埼玉県 株式会社スタジオ・ファクト StudioFact

お電話でのお問合せ

集客できるホームページ制作、WEBコンサルティングは
埼玉の株式会社スタジオ・ファクトにお任せください。

【営業時間】9:00~18:00

ブログ

12/20更新 アウトレット

2015年12月20日

こんばんは。

スタジオファクトの新井です。

そろそろ世の中はクリスマスですね。

新井家は、私が15歳の12/25に父が亡くなっているので、それ以来クリスマスがありません。

本日は久々に夕方からアウトレットへ。

クリスマス前だからか、凄い人出でした。

クリスマス商戦ですね。

どこの店も割引していて、中には70パーセントオフなんて店もちらほら。

そもそもアウトレットで通常より安いので、更に安く買えるのは確かに魅力ですね。

で価格を下げると言う事はどういう事か?

を考えてみます。

海外のマーケッターで億万長者メーカーのダン・ケネディは値引きについてこう言っています。

「値引きは多くの場合、最善の策とは言えないが、値引きが必ずしも悪であるわけではない」

確かにその通りだなと思います。

例えば「値引き」自体がオファー(取引条件)と考えた場合は成立します。

値引きをオファーにしている商品、サービスは良くありますよね。

期間限定で値引きします!みたいな商品、サービスをよく見ますよね。

ただ、値引きは危険な側面もあると私は考えています。

☑︎アパレル等の場合ブランド力の低下

☑︎対法人サービスの場合、こいつは言えば

下げると思われる

☑︎業界自体、価格競争に陥る

などなど、まだまだデメリットはあると考えています。

では値引きしてはいけないのか?

そうではありません。

値引きする理由があればいいと思います。

例えば、今日私が行ったアウトレット。

アウトレットは型落ちだったり、多少訳ありだったりするから安い訳ですよね。

理由があります。

だからブランド力の低下にはなりません。

しかも全体的に価格が下がっているので、LTV(顧客生涯価値)が上がりやすいのかなと感じました。

安いからついでにこれも、、、が生まれやすい。

こうなると客単価は高くなりますね。

私はファッションに疎いので、あまり服は買わないのですが、むかしは凄く服が好きだったのて、特定ブランドは好きです。

フラっと入り、まさにその現象が起きました。

ジャケットとついでにインナーを、、、と。

元は結構高いブランドなので、アウトレットの中でも高い方。

しかし元々、ブランドに価値を感じているので、むしろ安く感じる訳ですね。

少し話がずれましたが、値引きは理由があり、その後ろに更に売れる仕組み(フロントエンドとバックエンドの仕組み)があればとても有効ということですね。

 

筆者:ホームページ制作、スマホサイト制作【スタジオファクト】