ホームページ制作 埼玉県 株式会社スタジオ・ファクト StudioFact

お電話でのお問合せ

集客できるホームページ制作、WEBコンサルティングは
埼玉の株式会社スタジオ・ファクトにお任せください。

【営業時間】9:00~18:00

ブログ

12/4更新 別ネタ【営業マンに必要な要素】

2015年12月08日

こんばんは。

スタジオ・ファクトの新井です。

本日はホームページとは別のお話しを書きます。

私が外部IT顧問を担当する企業で起きた実話です。

そこは建設関係の会社さんで、本当に弊社はよくして頂いてる会社さんです。

そこでの私の仕事は、HPの制作、運用、求人募集の戦略マップ作成、実施、看板デザイン、社内のインフラ整備等多岐にわたります。

その仕事の一環で防犯カメラの設置に関する管理があります。

今回はそれについてのお話しです。

防犯カメラを設置するにあたって、ある業者さんと何度か打合せをし、見積もりが出てきました。

当初は社長も私もその値段で承諾。

いざ施工が始まり、私も立ち会いをしました。

そこで様々な事が起きます。

まず、工事当日、部材の不足で後日再工事。

その再工事日の当日、また不手際連発・・・。

カメラの施工計画が悪く、付けてみたら壁にファンの音が反響して、

室内がうるさくて仕方ない・・・。

再度カメラの選定からやり直しに。それが2回・・・。

一通りついて設定に入ったのでが、設定でも不手際連発。

タブレットやスマホでも見れるネットワークカメラなのですが、

来た技術者が設定方法が分からず、結局私が設定を行い解決・・・。

社長の怒りは最高潮に・・・。

そして一通り全て終わり(2ヶ月以上かかっています)昨日、私同席で最終的な金額の話に。

はずしたカメラや、不要な工事費を抜いた価格を業者側が持参しましたが、

社長は納得がいかず、本日再度価格の提示。(私は本日は同席無し)

そして15時頃、業者の営業マンから電話があり、かなり値引く事になったと報告がありました。

当初の価格から50万円以上値引く事になっています。

その営業マンは23歳位のまだ若手の営業マンで、私も出来る限りサポートし、

会社側との調整をしていましたが、今回は不手際が多すぎて、流石に調整しきれませんでた。

昨日、数名の営業マンが訪れ、社長は「新井にも謝ってくれ」と言う程、怒っていました。

ここで分る事は、売り手側から買い手側に圧倒的な権限が移動したという事です。

最初の時点で、見積もりに納得していると言うことは、相手を信頼してその価格を払いますと意思表示をしています。

今回は相次ぐ不手際により、信頼を失い、権限が完全に買い手に移っていると感じました。

落ち込みながら電話をしてき彼に、私は出来る限りでアドバイスをしました。

ポジションの話や、取り方の話、行動心理等の話も交えて話しました。

当初、私はもともとウェブデザイナーだったので、営業経験はほとんどありませんでした。

その分悩み、眠れない、食欲減退等も経験しました。

今の彼は当時の私の様な思いをしているのかもしれません。

ですが必ず今後の力になると思います。

私のお勧めの書籍をいくつか紹介し、電話を切りました。

電話を切ってすぐに、「早速買って読んでみます!」とメールをくれました。

自分の知識や経験が少しでも人の役に立つのはとても嬉しい事です。

これからも色々な形で伝えていけたらと実感した日でした。

 

筆者:【ホームページ制作 埼玉】株式会社スタジオ・ファクト